NOW LOADING

封筒

社會に飛び込んだ
先輩のメッセージ

MESSAGE

  • 三澤拓哉さん

    在學中に監督デビュー

    三澤拓哉さん
    理論コース(現 映畫?映像文化コース)2016年卒業

    私は海外の人と一緒に映畫を作ったり自分の作品を海外で上映することに強い関心があり、そのスペシャリストがいるところで學びたいと思いました。また、2年の後期から製作會社でインターンに入ったことも大きかったです。

    石坂先生の「映畫流通論」という授業に製作會社の方がいらして、そこでの出會いからインターンとして外部で製作をする経験ができました。製作會社では4、5作品で現場に入り、企畫開発?腳本の書き直しとさまざまな経験をさせて頂き、そうした中で卒業する前に1本監督をしたらどうかと提案を頂いてできたのが『3泊4日、5時の鐘』です。

    私の出會いのように、日本映畫大學は多くの外部ゲストがいらっしゃる大學なので、それを積極的に利用した方がいいと思います。自分を振り返っても、関心を持ったものに足を運ぶ、何か募集が掛かった時に手を挙げるというのは大事な部分でした。たくさんのチャンスと機會がある場所なので、映畫に関するさまざまなトライをしたい人にはとても面白い大學だと思います。

    今後は2作目3作目と作り続けて、映畫の面白さを伝えて映畫界を盛り上げ、映畫文化そのものに貢獻できればいいなと思っています。

  • 青柳 拓さん

    卒業制作が劇場公開

    青柳 拓さん
    ドキュメンタリーコース2017年卒業

    ビデオカメラマンの父と電気屋の叔父の影響で映像に興味を持ち、「他の勉強はしたくない」と考えていたところ「映畫だけを學べる場所」として日本映畫大學を見つけました。

    1年次に自ら企畫を立て取材を行う名物授業「人間総合研究」があるのですが、自分の想像を超える経験ばかりでした。これが面白く感じられ、2年次にドキュメンタリーコースを選ぶきっかけとなりました。

    専門學校時代の映畫もさかのぼって観て、人との関わり合いに責任を負いながら、人間と向き合い闘っている姿勢に感銘を受けたことも挙げられます。

    友達や兄弟がみんな東京に出ていくなかで、「地元にはなにもないよね」という雰囲気が周りにあり、僕は「ちょっと待てよ」と感じていました。日本映畫大學で多くの時間をもらえたので、地元で卒業制作映畫『ひいくんのあるく町』を撮ることに決めました。

    卒業制作は授業の一環であることは事実ですが、やはり4年次になるにしたがって「思い出づくりでやってられない」と奮起し、途中からは劇場公開を意識するようになり、全國ロードショー公開に結びつきました。

  • 恵福幸栄さん

    (株)東寶スタジオサービス
    ホストプロセンター就職

    恵福幸栄さん
    録音コース2017年卒業

    東寶スタジオ內にあるポストプロダクションスタジオで機材のセッティングや管理、制作アシストなどを擔當しています。ポストプロダクションとは、撮影された映像の編集や効果音の制作、アフレコなどの工程のこと。私が主に擔當するフォーリー(効果音などの生音)用のスタジオには、効果部の皆さんがさまざまなこだわりを持って録音に訪れます。例えば、足音ひとつ取っても、「こういう足音を録るにはどうしたらいいか?」と、試行錯誤を繰り返しながら作り上げていく。1本の映畫の音を何日もかけて音を作り込む作業は大変ながらもとても刺激的。自分が映畫制作の真っ只中にいることを実感させてくれます。

    卒業制作では、約1年をかけて30分の映像作品を作りました。録音コースだった私は録音部として參加。授業や実習を通して自分の役割は理解していたつもりでしたが、いざ現場に出てみると戸惑うことの連続でした。監督の意図について話し合ったり、情報共有の大切さを実感したりと、チームプレイについて実踐的に學べたと思います。授業では音が映畫に與える影響について詳しく學べました。それまでは聞き流していたような些細な効果音にも、制作者の何らかの意図があるという気づきを得られたことで、映畫の観方が変わりました。また現場で使われている音聲編集ソフトの操作法を徹底的に學べたことも、今の仕事をする上で大変役立っています。

    私たちが管理するこのスタジオの音を基準に映畫の音響はつくられます。つまり、この施設が日本の映畫音響の品質を左右すると言っても過言ではありません。まずはスタジオスタッフとして、お客様(音響スタッフの方々)の要望に完璧に応えられるようになりたいです。そしてゆくゆくは実際の音づくりに攜わってみたい。職場の先輩方の中には名指しで仕事が來る方が何人もいます。そうした先輩方のように「この仕事は恵福に任せたい」と言っていただけるようになることが今の私の目標です。施設のこと、機材のことはもちろん、映畫の音響について広く深く學んでいかなければならないと感じています。

  • 長谷川明日香さん

    照明部 フリーランス

    長谷川明日香さん
    撮影?照明コース 2016年卒業

    中學生の時から一人で映畫を観るのが好きで、映畫の世界に憧れていました。特に最後に流れるクレジットに興味があり、そこに名前が載る映畫の創り手になりたいと思い、この世界を選びました。

    大學の講師陣は現役で活躍している人が多く、現場での基本や厳しさを教えてもらい、今につながっています。他國の映畫大學との交流もあり、その人たちとチームを組んでの映畫制作は刺激的でした。映畫スタッフを目指す仲間ばかりなので、とても楽しかったです。卒業後も撮影現場で會うことも多いですよ。

    光と陰のバランスで人物の心情や情景が表現できるところが照明の魅力だと思います。今は照明助手として目の前の仕事を懸命にこなしています。自分が段取りよくできたときは嬉しいですね。

?
草蜢社区在线观看免费下载