NOW LOADING

新百合ヶ丘キャンパス

映畫?映像業界への
就業力が高い日本映畫大學

映畫作りは、共同作業。映畫作りや研究をとおして培われた協調性、交渉力、対処力、視野の広い柔軟な思考力や創造力は生きていく上で大きな糧となります。映畫から出発して、さまざまな分野にその知識や経験を活かしていくことができます。日本映畫大學の4年間で就業力を育んで、社會へと旅立ちます。

白山キャンパス
今村昌平記念スタジオ

映畫大學の
就業力を示す
3つのポイント

  • Point1

    日本映畫大學は
    業界就業ナンバー1!

    映畫の現場には簡単に參加できない。だが日本映畫大學の卒業生なら、すぐ現場に行くことができる。それはこれまでの44年間の実績と、どの現場にも引っ張ってくれる先輩がいるからだ。更に映畫制作を教えているのは、全員現役の映畫人だ。ここでは教室と現場が直結しているのだ。

  • Point2

    もう就職就社ではない
    就業の時代だ!

    非正規雇用の増加は止まらない。この先の時代は、自分の力で生きていく力が試されることになる。タフに生きる力を身につけていれば、會社だろうがフリーだろうが、どっちでもかまわない。一生続けられる仕事で自分を表現していく。日本映畫大學ならそれは可能だ。

  • Point3

    映畫制作を経験すれば
    誰でもタフになれる!

    映畫制作はその過程で様々な能力を身につけることができる。プロの映畫人にならなくとも、映畫制作を経験することは大きな成長につながる。最初はうまくできなとも、実習を一つひとつ乗り越えていけば、自然にできるようになる。そしてこの訓練は、社會に出れば必ず役に立つ。

天願大介
天願大介
日本映畫大學學長
映畫監督?腳本家?舞臺演出家

出版社に勤務中の1990年、『妹と油揚』で注目され、1991年『アジアンビート(日本編)アイ?ラブ?ニッポン』で長編監督デビュー。以後、『無敵のハンディキャップ』(1993)、『AIKI』(2002)、『暗いところで待ち合わせ』(2006)、『世界で一番美しい夜』(2008)、『デンデラ』(2011)、『魔王』(2014)を監督。最新作は『赤の女王』(2014)。腳本?腳色を手掛けた作品は、『うなぎ』(1997)、『カンゾー先生』(1998)、『オーディション』(2000)など多數。『十三人の刺客』(2010)の腳本で第13回菊島隆三賞受賞、第21回、22回、34回日本アカデミー賞優秀腳本賞受賞。劇作家、舞臺演出家としても活躍中で近年では『二輪草~?孤島の鬼?より~』(2017)、『天願版カリガリ博士』(2017)、『衣衣』(2018)、『陰獣 INTO THE DARKNESS』(2019)の作?演出を手がけた。2017年4月、學長に就任。

?
草蜢社区在线观看免费下载