地域?社會連攜

日本映畫大學は、映畫をとおした連攜?交流で
地元「映畫のまち?かわさき」と共に生きています。

日本映畫大學では、地域での活動や地域の皆さまとの取り組みを紹介する、地域連攜特設サイトを公開しています。
ぜひご覧ください。

地域貢獻活動

こども映畫大學~夏休み映畫づくり~

日本映畫大學は、地域と連攜し、現在、麻生區役所地域みまもり支援センター、イオンシネマ新百合ヶ丘と共催で、『こども映畫大學』を毎年8月に開催しています。こどもの映畫教育について、『こども映畫教育演習』(本學専門科目)を受講する大學生と地元の小學生が映畫づくりを通して、共に考え、學び合い、協同作業を通じてのチームワークや相互コミュニケーションを図ることで、こどもの自主性や成長を培っていく、行政と教育と企業が一體となった地域連攜教育プログラムです。この地域連攜イベントは、麻生區在學?在住の小學生4年生~6年生40名が、毎年大學生と協働して映畫づくりを行っています。完成した作品は、イオンシネマ新百合ヶ丘の大スクリーンで上映され、毎年、ご家族を招待した大人気の企畫となっています。こどもたちに、映畫づくりを通しての學び場を提供しています。

地域上映支援大學~まちに映畫を屆けよう~

超高齢化社會になった現在、地域コミュニティーの絆が薄れつつあります。こうした中、川崎市では2019年に政府よりSDGS未來都市に選定され、地域の課題解決に向け取り組んでいます。本學も市と協力して、2030年SDGS社會実現に向けて地域コミュニティーづくりを見據えた地域での上映活動に攜わる人材の育成と支援を行い、地域社會に還元しています。

地域と連攜したまちづくりへの參畫

「映像のまち?かわさき」推進フォーラムへの參畫

川崎市には日本映畫大學をはじめ、映像スタジオや4つのシネコンが立地した都市です。現在、市內各所で映畫やテレビ、CMなどのロケが行われています。「映像のまち?かわさき」推進フォーラムは、映像に関する豊富な地域資源を活かした新たな都市の魅力創造、映像教育?人材育成支援、映像文化の振興、映像産業の発展、次世代の映像文化を擔うこども達の育成を目指すために設立されました。本學はフォーラムへ參畫し、活動への協力を行っています。

『しんゆり?蕓術のまちづくり』への參畫

川崎?しんゆり蕓術祭(アルテリッカしんゆり)への協力

2009年から新百合ヶ丘でスタートしたオペラ、クラシック、JAZZ?映畫?演劇?落語、伝統蕓能など多彩なジャンルでの公演が開催されている大人も子ども楽しめる地域に根ざした総合蕓術祭。スタートした當初より現在まで、本學は昭和音楽大學と共に攜わっています。
※アルテリッカとは、イタリア語でアルテ(蕓術)、リッカ(豊かな)を合わせて、関係者が造語として名付けたことがきっかけで、呼ばれるようになった。

KAWASAKIしんゆり映畫祭の共催運営

1995年より続く市民ボランティアが企畫運営を行う市民映畫祭。本學は、開催時より市民スタッフの人材育成や運営ノウハウなどを教育し、協力してきた。早くからバリアフリー上映に取り組み、視覚障がい者のための副音聲ガイド制作、聴覚障がい者のための字幕制作も行ってきた。他では市內の中學生を対象に映畫教室(ジュニア映畫製作ワークショップ)や夏休みに地元の小學校で野外上映會を開催し、地元に根付いた映畫祭として市民に親しまれていた。

川崎市アートセンターとの協力

2007年10月に開館した川崎市アートセンターは、舞臺蕓術のための「アルテリオ小劇場」と映畫上映を日常的に行う「アルテリオ映像館」という二つのホールを有する蕓術文化施設である。川崎市の施設でありながら、管理運営は公設民営方式で行っており、本學も指定管理者として攜わっています。

Kirara@アートしんゆりイベント協力?協賛

小田急線新百合ヶ丘駅周辺で開催されるイルミネーション「kirara@アートしんゆり」。本學は、このイルミネーションイベントに協力?協賛をしています。

地域との交流

卒業製作作品一般公開

前身校日本映畫學校時代より、卒業制作映畫の一般向けの上映を行ってきました。大學開學後は、地元のシネコンであるイオンシネマで毎年一般公開(無料)しています。

地域交流

市民向けの公開講座や、公開授業、オープンキャンパスを行い開かれた大學として地域に貢獻しています。また、地域と學生の交流をはかる為、毎年、學生の制作した映畫を中心に地域映畫上映會を開催しています。

地域住民との交流

?地域上映會開催と交流
地域と學生の交流をはかる為、毎年、學生の制作した映畫を中心に地域映畫上映會として開催しています。

白山キャンパスエリア地域住民との交流

白山まちづくり協議會との連攜?交流をはかり、地元に根付いた大學づくりをおこなっています。

白山まちづくり協議會と包括協定に関する協定書を締結しました。

2016年7月29日、一般社団法人白山まちづくり協議會と日本映畫大學は、相互の密接な連攜により、地域社會の発展に資するため協定を締結しました。

<具體的な連攜協力事項>

1 日本映畫大學からの連攜協力事項
 ① 地域住民に対する知的資源の活用としての公開講座の実施
 ② 地域住民に対する人的資源の活用としての學生、教職員の各種イベントへの參加 
 ③ 地域住民に対する物的資源の活用としての體育館及びグラウンド等の開放
 ④ その他、地域上映會の実施等の地域活性化及び地域資源に関すること

2  一般社団法人白山まちづくり協議會からの連攜協力事項
 ① 日本映畫大學が行う授業(撮影実習等)への協力
 ② 日本映畫大學が行う各種行事等への參加?協力
 ③ 日本映畫大學が行う自己點検評価事業への協力
 ④ その他、日本映畫大學が行う地域活性化及び地域支援に関する事業への協力

大學との連攜

昭和音楽大學との包括的連攜協定

日本映畫大學は2017年3月、昭和音楽大學および昭和音楽大學短期大學部(川崎市麻生區 學長:簗瀬進)と包括的連攜協定を締結しました。この協定は、教育研究および大學運営等において包括的に緊密な協力関係を築き、連攜を深めることで、教育研究活動の充実、教育の質的向上、教職員の資質向上、蕓術活動を通したまちづくり等に寄與することを目的としたものです。  
このたびの協定により、日本映畫大學と昭和音楽大學および昭和音楽大學短期大學部は、教育研究および大學運営の活性化を図り、大學間の交流を推進するため、次に掲げる事項について相互に協力し、連攜を進めます。なお、連攜事項を推進するため、雙方の大學等の代表者からなる「大學連攜連絡會議」を設置。連攜事項の具體的な実施に向けて、検討および調整を行います。

◆連攜事項
(1)教育研究の連攜に関すること。(2)學生間の交流に関すること。(3)學生支援の連攜に関すること。(4)教職員研修(FD?SD等)の交流および人事交流に関すること。(5)施設設備等の相互利用に関すること。(6)広報活動の連攜交流に関すること。(7)地域社會の活性化に向けた活動の推進に関すること。(8)その他

隣接6大學公學協働ネットワーク協定締結

麻生區と6つの大學で協定を締結
平成24年10月29日、麻生區內及び隣接する東京都町田市に立地する6つの大學(昭和音楽大學?玉川大學?田園調布學園大學?日本映畫大學?明治大學?和光大學)と川崎市麻生區との間で、「麻生區?6大學 公學協働ネットワーク」に関する協定を締結しました。
 互いの知的資源、人材等を有効に利活用できるネットワーク構築により、麻生區の地域課題と相まって、音楽?蕓術?福祉?環境?教育ほかその他さまざまな分野での行政?大學?地域の連攜可能性を模索し、公學連攜の活動展開により個性豊かで活力に満ちた地域社會づくりに貢獻していきます。

<特色>
1.大學の専門性と地域特性のマッチング…音楽?映像?農などの各分野で大學の専門性を発揮し、個々の地域の事情を絡めて課題解決を検討していきます。
2.行政?大學?地域の協働…地域における子育て?福祉支援の可能性について、各種実踐活動を通じて、行政?大學?地域がともに考えていきます。
3.大學による學習の場の提供…各大學において區民向け連攜公開講座を開催するなど、區民の生涯學習の機會創出を図っていきます。
4.行政と大學が連攜した地域貢獻…新たに、災害発生時の連攜(施設開放や災害情報の共有化)、學生が地域づくりに參加する區版インターンシップなどの具體的展開をこれから模索していきます。

日本映畫大學について

草蜢社区在线观看免费下载